電子マネーmandai pay付きポイントカード

電子マネーmandai payとは
Point service

『電子マネー機能付き万代ポイントカード』に事前にチャージ(入金)して、お支払い時に決済頂ける
万代専用の電子マネーです。


    • 電子マネー機能付き万代ポイントカードイメージ


    電子マネーmandai pay にチャージ(入金)する

    店内設置のチャージ機(入金機)で現金にてご入金ください。

     レジではチャージできません。

     チャージは1,000円単位から可能で、1回あたりのチャージ額上限は49,000円です。

     1枚のカードのチャージ残高上限は100,000円です。

     一度チャージされた現金を払い戻すことはできません。ご了承ください。


    電子マネーmandai payでのお支払い

    お支払いの際に万代カードをご用意いただき、「mandai payで払います」とお申しつけください。

     万代各店にてお支払いいただけます。(テナントは除く)

     残高不足の場合、不足分は現金やポイントでお支払いください。

     はがき、自動販売機商品、その他当社が定める一部商品において

     mandai payの利用を制限する場合があります。


    電子マネーmandai payの残高を確認する

    以下の方法で電子マネー残高を確認いただけます。

     店内設置のチャージ機

     mandai payでのお支払いレシート

     カード裏面記載の専用ページまたはお問い合わせ窓口


    電子マネーmandai payの有効期限について

    電子マネー残高の有効期限は最終利用日から5年です。

     最終利用日とは、最後にmandai payサービスを利用した日、または最後にチャージをした日です。

     最終利用日から5年を経過するとmandai pay残高はゼロとなり、現金で払い戻しも行われないものとします。


    ※万代ポイントの有効期限はお買い上げ月から1年間です。

     毎月1日から月末までの期間中に積み立てられたポイントは、翌年の同月末日までが有効期限となります。

     有効期限の切れたポイントは自動的に消滅しますので、有効期限までにご利用ください。

     電子マネーの有効期限とは期間が異なりますのでご注意ください。


    資金決済に関する法律に基づく利用者保護措置

    ●資金決済に関する法律第14条1項の規定の趣旨

     前払式支払手段(mandai payを指します)の保有者の保護のための制度として、資金決済に関する法律の規定に基づき、前払式支払手段の毎年3月31日及び9月30日現在の未使用残高の半額以上の額の発行保証金を法務局等に供託等することにより資産保全することが義務付けられております。


    ●資金決済に関する法律第31条1項の規定の趣旨

    万が一の場合、前払式支払手段の保有者は、資金決済に関する法律第31条の規定に基づき、あらかじめ保全された発行保証金について、他の債権者に先立ち弁済を受けることができます。


    ●発行保証金の供託、発行保証金保全契約又は発行保証金信託契約の別

    当社の利用者資金の保全方法は「金銭による供託」です。


    ●無権限取引により発生した損失の補償等の対応方針

    前払式支払手段の発行の業務に関し、利用者の意思に反して権限を有しない者の指図が行われたことにより発生した損失の利用者の補償等の対応方針については、「mandai pay」電子マネーサービス約款の『12「万代カード」の紛失・盗難等の再発行』に以下の通り規定しております。

    (1)紛失・盗難により「万代カード」が再発行された場合、当社による「万代カード」の利用停止措置が完了した時点の「mandai pay」残高は再発行された「万代カード」に引き継がれるものとします。

    (2)会員が「万代カード」の紛失・盗難等を申し出てから当社による利用停止措置が完了するまでに一定期間を要することを会員は了承するものとします。なお、利用停止措置が完了する前に、「mandai pay」残高を第三者により利用された場合、または、その他なんらかの損害が生じた場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。

    (3)会員が紛失・盗難届出時に「mandai pay」残高がある旨の申し出をしなかった場合、その残高が紛失・盗難した「万代カード」に残ったまま有効期限を過ぎたとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。

    (4)会員に帰責事由が存する紛失・盗難による「万代カード」再発行の場合、当社所定の発行料を支払うものとします。